( 株式会社ジー・トライ )   URL: http://www.g-try.com/

指図書作成から情報共有まで一元化

株式会社ジー・トライ様は刺繍を生業にしており、東京・大阪・香港・深セン・青島・上海・南寧に工場、営業拠点を持つ
総勢1000人のGODAグループ中核企業です。インフォアイの生産管理システム、SNS風日報システムをご利用いただいている
お客様です。
今回は合田社長自ら、社員の米津様と共に、ご利用にいたった経緯や実際に利用してみての感想を語ってくださいました。

■ ご利用端末: PC、Mac、iPhone、iPad


ジー・トライ合田陽一社長
Shopeyeへの期待を語る合田陽一社長

mark
業務システム導入の背景

以前からグループ内のシステムはあったのですが、生産管理システムや日報が思ったようにうまく活用することが出来ていませんでした。

既存システムの発注管理では、手順が多く登録作業に膨大な時間がかかりシステムの為に作業をするという状況でした。
また従来の日報は文字と数字の羅列のため、経営者にとって一番知りたいトレンドの動きやお客様の要望がわかりづらいのが大きな問題点でした。
作成する側も形式的になり本音の部分が書きづらく本来の目的を達成しているとは言えませんでした。

そこで旧知のインフォアイさんにお声をかけさせて頂き相談をさせていただいたところ、ファイルメーカーを使ってのシステム構築を提案して頂きました。
(株)ジー・トライ 米津様

mark
課題を解決する為に

まず着手したのは日々のお客様からの受注を中国の自社工場へ指示する指図書管理からでした。
これまでも社内システムの開発に携わることはありましたがファイルメーカーを使っての開発は初めてでした。
若干の不安はありましたが、それは良い意味で裏切られました。

ファイルメーカーでの開発のメリットとして工程数をそれほどかけずにプロトタイプを見ながら開発を進めていただくことができた事。
こちらの修正要望についても迅速に対応してもらえるベースがあるという事を強く感じました。

bnr_gtry08

mark今ではなくてはならない業務ツールに

その結果、既存システムでは解決出来なかった要望も社内会議を経て追加や修正をする事が可能となりました。
こちらの要望がすぐに反映されるため、どんどんと使いやすくなり工場側との連携もお陰様でスムーズにできています。

日報に関してはSNS風に画像を中心に記載されるので見やすく、全社で情報共有がスムースに出来るようになりました。
iPhoneやiPadを使い手軽に日報がアップできるため、電車の中やちょっとした時間に日報を書く事が出来、スタッフのストレスも相当軽減されたようです。
今ではなくてはならない業務ツールとなっています。

アパレル向けソフトの株式会社インフォアイ

アパレル向け 企画生産管理、販売管理ソフト開発に特化しています