Categories
雑感 コラム

業務改善(風紀)

弊社顧問・市来輝夫による日々のコラムのご紹介

※ 文中の「当社」は弊社顧問のかっての勤務先

上海出張の際に中国の日系検品会社所長(当社OB)から「御社の社員の挨拶ができてない、目があっても挨拶しない人がいる」といわれました。この日系検品会社の中国人社員はお客さんに対して気持ちの良い挨拶をするように徹底しているので、「御社の挨拶をみるとかなり違和感を覚える」と言われました。どんな立場のかたであろうと、お客からみれば全て当社の社員である。得意先であろうが、仕入れ先であろうが、大事なお客さんであり、感謝の気持ちを挨拶で表現し、気持ちよく商談をしてもらう配慮が大事だと思う。

さわやかな挨拶だと思えるほどの挨拶ができている会社に行くと、しっかりした会社だという印象を持つし、教育がされているという印象を与える。

当社の業績が向上すればするほど、挨拶、マナーをおろそかにすると生意気だと反発を受ける。

特に小売りをやられているお客さんは消費者に対して誠心誠意対応することを社員教育されておられるので、挨拶もろくにできない営業には違和感を感じるのではないかと思います。

挨拶やマナーができていることは洗練された社会人としても当然のことです。

これまでにも何度も言い尽くされたテーマではありますが、忘れがちで風化しやすいテーマです。かなり以前に中国で当社の社員が中国公安当局に拘束された事件がありました。海外出張が常態となった今日、再発はありえないといえるでしょうか?

当社の社員はどこで、誰と会っても挨拶、マナーが立派で気持ちが良い、業績も良いし、人材教育も素晴らしいと言われるよう努力したいものです。

朝の挨拶は元気よく、きちんとできているか→できてないと注意したら、「やっています」という。私から見るとそれは挨拶ではない。あさってを向いてつぶやいているだけ。相手の目を見て大きい声ではっきりと挨拶しましょう! 

お客様に対して笑顔で丁寧に応対しているか、横柄な態度、礼を失する態度で接していないか、→お客さんから「お宅の営業がガムを噛んで商談しようとしている、御社はどういう教育をしているか説明してくれ」と怒られ東京へ飛んで行ったことがあります。本人に問いただすと、ラーメンを食べた後で商談で臭うと失礼だから待ち時間にガムを噛んでいたということでした。よほどガム噛みが横柄に見えたのでしょう。

取次は速やかに、かつきちんとできているか→上海からの帰り、搭乗前に会社へ電話したがちょっと待ってくださいと言ったきり。うんともすんとも返事がなく、結局、カードの残量がなくなり、無茶苦茶腹が立ち、帰国してこんな失礼なことをお客にしてないかを注意しました。

私は社会人として相応しい礼儀正しい精神土壌があってこそ、正しい仕事への姿勢が生まれるのであって、人に対して真摯でない人が仕事だけに真摯になれるはずがないと思います。

どんな職場でも、職域でも優れたコミュニケーションは必要であり、それがあってこそ組織のパワーが発揮できるものと思います。

そのコミュニケーションの基本は挨拶であり、マナーであります。

この業務改善は日々の職場生活の中でお互い注意しあうことが大切で、率先して風紀の改善に努力してほしいと思います。

Categories
雑感 コラム

クレーム対応の仕方

商売をしているからには必ずと言ってよい程、クレームはあります。
針が出た、品質不良、納期遅れ、返事が遅い、態度が悪いと、いくらでも製品OEMの仕事はクレームの可能性はあります。ですから、クレームが起きないように緻密な仕事ぶりが求められますが、クレームが起きたら仕方ありません。
最少の被害に抑えることと、「雨降って地固まる」と言われるように、クレームを乗り越えて、より信頼関係が強固になることを目指すべきです。

以前、T社にいた時に、W社の店頭から色落ちのクレームがありました。お客さんが酷く怒っておられるのでお客さんの所に一緒に行ってほしいとのことでした。W社の部長は私に「一切言い訳をしないでほしい、ただ頭だけ下げてほしい」と何度も言われました。

その商品は色落ちカラージーンズで色が落ちると表示がしてあるので、私としては納得できない気持ちでしたが、大事な得意先の依頼なので担当者についていきました。
店頭の近くの待ち合わせ場所の喫茶店に行くと、厚かましそうな大阪のおばちゃんの典型のような方がいらっしゃいました。その方は「大好きだった御爺ちゃんが買ってくれたトートバッグにパンツの色が移染した。今はもう亡くなった御爺ちゃんの形見として娘が大事に使っていたのにどうしてくれるんだ」「売り場の人にクレームを言っても返事が遅い、態度が悪い」と興奮気味に怒っています。W社の担当者は平身低頭で謝っています。
その内、お客さんの怒りは鎮まったところで「本当に申し訳ありません、ご迷惑をおかけしました。これはほんのお詫びのしるしです。」と言って、W社のトートバックとブラウスを差出したら「こんなのが欲しくて言っているんじゃない、返事が遅いし、対応が悪いから文句を言っているんだ」と言います。「分かります。こんなもので許してもらえないでしょうが、どうかお使いいただくと嬉しいです」とW社の担当者が頭を下げて言うと、おばちゃんはにっこり笑って「こんなかわいい商品を貰って悪いわね、私は娘が大好きなブランドだから頑張ってほしいのよ。頼むわね」と言い、娘の自慢話を散々した後で喫茶店を上機嫌で出ていきました。
一種のクレーマーかと思いましたが、小売りは大変だなあとつくづく思いました。

この件でわかるのはクレームの初期動作を迅速にすること誠意を持って丁寧にクレームを聴くことが大事だということです。

本当は、店頭の対応だけで終わったかもしれないのに、迅速な対応ができなっただけに、責任者を出せということになり、W社の部長とメーカーの課長が出て行って消費者に直接謝罪することになった。それと事実関係を早急に調査することです。私の経験でも針が出た事件では消費者の勘違い、得意先の勘違いも多かったように思います。

部長の対応は下記のとおりです。

1) 相手の心情を理解して丁寧にクレームを良く聴く
2) 何が問題になっているか事実関係を確認する
3) 商品の代替え案で問題の解決策を提示する
4) メーカーともどもクレームへのお詫びと感謝をする

クレームが発生したら先ずは謝罪する。相手の話をしっかり話が終わるまで聞いた後に、当社の事情説明をすることが大事です。

クレームの発生は不幸なことですが、クレームの対応に誠心誠意取り組むことで、クレーム発生以前よりも強固な信頼関係になり取引が増えることがあります。
クレームがあったら避けるのではなく、貴方を鍛えるチャンスだと思い、その問題を真正面から捉え、最善の努力をすべきだと思います。

得意先が無理難題を言っている場合は、何故、無理を言うのかを考えなければなりません。上司から「値引きを取れ」と言われている場合は、いくらこちらに理があっても0回答では話が拗れるので、落としどころを探す必要があります。
しかし、得意先の担当者が利益を出すための一方的な無理難題には毅然とした態度で臨むべきだと思います。

既に倒産した会社ですが、私は1か月の納期遅れで契約額の3倍のクレームを突き付けられ、私の対応の拙さから、得意先の社長は直接名誉会長に面会を求め、T社の名誉会長に、そのクレームを全部受けていただいた苦い経験があります。
法外なクレームを受けてしまったわけですが、社会通念を大幅に超えた対応はすべきではありません。法外なクレームは取引停止を意味します。多くの得意先は取引継続を希望するので、それほどのクレームは発生しないことが多いと思います。このクレーム後、1年ほどで倒産した社長は資金繰りに困り、納期遅れに乗じ「窮鼠猫を噛む」の心境で名誉会長に噛みついたのです。

物を作ったり売ったりする仕事とは非常にリスクの高い仕事なのです。そして財務内容の悪い会社に販売することが極めて高いリスクを負っているのだということを思い知らされました。

もう一つクレームで大事なことは社内での報告、連絡、相談(ホウレンソウ)です。特に悪い話は迅速にホウレンソウがなされなければなりません。
ナポレオンが「良い話は翌朝で良いが、悪い話は私をたたき起こせ」と言ったそうです。耳障りの悪い話は上司にしにくいものですが、上司は悪い話しこそ、一刻も早く聞きたいと思っているはずです。

Categories
お知らせ キリコムプラス

ファッション業界の課題を解決する「キリコムプラスMESSE」が 10社限定の無償キャンペーンを2022年12月末まで実施

          株式会社インフォアイ

 

株式会社インフォアイ(本社:東京都千代田区、代表取締役:背戸土井 貴之)はファッション業界の抱える課題を解決するクラウドサービス「キリコムプラス」にて3Dビューワー搭載したOEM商社向けオンライン展示会ツール「キリコムプラスMESSE」ベータ版をリリースしました。

また、「キリコムプラスMESSE」ベータ版を2022年11月1日(火)から2022年12月末まで無償利用していただける特典を10社限定で募集いたします。

■ キリコムプラスMESSEとは

キリコムプラスMESSEとは、あらゆる場面で活用可能な展示会業務全般を支援するクラウドソリューションです。
クラウド上で商品ピックアップや受注など展示会業務プロセスを効率化し、そこで蓄積されたデータにて多様な分析を行い、貴社のビジネス拡大に新たな競争力をもたらします。

対面での展示会はコミュニケーションの場として大切ですが、その反面 従業員の業務負荷が大きく、サンプル代、会場費用の負担も小さくありません。

交通事情や災害などでお客様が来場できない、展示会後の集計分析がアナログで非効率など課題が存在し、販売面においてのコストの削減、生産性の向上、新たな顧客提案方法などがますます必要とされています。

インフォアイは、2002年の創業以来一貫してアパレル業向けシステム開発に取り組んでいます。
そのノウハウを新たな3D・AI技術を駆使し、アパレル業において大切な業務である販売支援が可能なクラウドソリューション キリコムプラスMESSEをリリースいたしました。

キリコムプラスMESSEでは、貴社既存システムとの連携を容易にする為のAPIを搭載しています。
3D画像の操作がビューワー上で可能な為、貴社製品の魅力を最大限表現することがで、サンプル作成を最小限に抑えることができます。WEBで全て完結可能な為、時間、場所の制限をなくします。

蓄積した商品情報は、普段の商談にも活用可能です。
例えば、お客様のアクセスなどをリアルタイムで集計分析を行い、展示会別、アイテム別アクセスランキング、閲覧ランキング、ピックアップランキングなどをグラフ表示し、カスタムレポートの出力が可能となります。

 

 

■ キリコムプラスMESSE機能紹介

展示会前準備から展示会後集計まですべてのフローを一括管理でき、PC・スマートフォンでのご利用が可能です。
得意先毎の商品表示設定、バーチャル試着機能など多彩な機能を順次リリースしていく予定です。

 

 

■ 今回キャンペーン内容について

今回ベータ版を2022年12月末まで無償利用していただける特典を10社募集しています。
業界を熟知したスタッフがキリコムプラスMESSEのご利用をサポートし、一歩進化したオンライン展示会をお届けしたいと考えております。

詳細は当社へお問い合わせください。

 

■ インフォアイについて

2002年の会社設立以来、日本とインドを拠点にアパレル業界向けソリューション構築・運営及び画像切り抜き加工サービスを提供しています。

今後は、ファッション業界に枠を広げ皆様のお役に立つソリューション構築を引き続き進めてまいります。

 

【会社概要】

会社名:株式会社インフォアイ

https://infoeye.com/

所在地:東京都千代田区鍛治町1-10-6 BIZSMART神田503

代表者:代表取締役 背戸土井 貴之

設立 :2002年2月

インフォアイ

 

 

【資格・認定】

アップルコンサルタントネットワーク

Appleコンサルタントネットワーク

 

 

Claris FileMaker SBAパートナー

ClarisPARTNER

 

 

【事業内容】

ファッション業界向けソリューション構築・運営

機能一覧

Categories
お知らせ キリコム

キリコム入会キャンペーン

キリコム新規入会キャンペーン

画像切り抜き加工サービス 切り抜き屋キリコムへのご入会をご検討いただきまして、誠に有り難うございます。
キリコムではお客様のニーズに併せ1枚からでもご対応させていただいております。
作業は年中無休で行っておりますので、ご安心してご利用していただくことが可能です。

高品質であり、迅速にお届けすることは当たり前ですが、価格面についても実質的に業界最安値であり複雑な作業であればあるほど価格メリットを感じていただけるかと思います。

まずはお試し無料、そして累計31点目までのディスカウント価格で弊社サービスをご確認ください。

ご利用には無料の会員登録が必要です。
会員登録についてのご説明はこちらから。

その他お問い合わせはこちらから。

【ご注意】
お試し無料は難易度区分 B、C、Dのみご対応が可能です。
2点目から31点めまでは難易度区分Bは46円(税込)、それ以外の区分は各20円/点のお値引きとなります。

Categories
お知らせ キリコムプラス 機能

キリコムプラスで新規発注をしよう

キリコムプラスから、「新規発注」機能がリリース!

新規機能として「新規発注」機能がリリースされました!
ブラウザ上で商品・原材料・発注数などを入力して、発注処理ができる機能となります。
「発注一覧」画面から発注履歴や発注金額などの確認もできますので、累計発注数や累計発注金額もシステム上で見やすく管理可能です。

【 システムを使用した発注業務のメリット 】
  1. 誰でも統一された手順で作業を行うことができ、社内作業の統一化が可能。

  2. 誰でも発注内容を簡単に確認することができ、ヒューマンエラーの軽減が可能。
    担当者はより他の業務に集中いただけます。

  3. ネット環境さえあれば時間や場所の制約がなく業務進行が可能。

  4. システムの使用により発注書類という紙の存在が不要になり、ペーパーレス化の実現ができる。

  5. 書類管理業務が無くなることから、より業務全体の効率化が可能。

【 操作の流れ 】

キリコムプラス上で発注情報を作成し、PDF化します。
発注先にそのPDFをメールなどでお送りいただき、本発注を行います。
(※キリコムプラス上での受発注機能は、現在開発中となり近日リリース予定です。)

発注機能をお使いいただくには、発注した商品を入庫するための「倉庫」拠点の追加が必要となり、拠点の追加にはベーシックプランへのご加入が必要になります。
詳細はこちらよりご覧ください。

 

 

操作の様子を短く動画にまとめました。
ページ上部よりご覧いただき、キリコムプラスを体感してみてくださいね。

キリコムプラスは画像と商品管理を一元化することができる、無料で始めていただけるクラウドサービスです。
無料登録の上、操作を実感ください。

キリコムプラスでは、新規導入相談をお受けしております。
いつでもお気軽にご相談ください!

Categories
docs

生産ステータスを登録する

生産ステータスを登録する

海外の取引先などの国を登録できます。

1 上部メニューの⚙マーク →製品関連[生産ステータス]→生産ステータス一覧画面に移動

2 画面右上[+新規登録]押下

3 生産ステータス名とカラーを登録します

Categories
docs

国を登録する

国を登録する

海外の取引先などの国を登録できます。

1 上部メニューの⚙マーク →製品関連[国]→ 国一覧画面に移動

2 画面右上[+新規登録]押下

3 国登録画面の表示

国コード、国名を登録します。
国名は必須項目です。

Categories
コラム 雑感

気概と執念の人

8月13日私の尊敬する元会社の先輩Tさんが亡くなられました。
楽しかった思い出があるだけに、もう会えないのだという喪失感が大きく
あの笑顔をもう二度と見られない悲しさを感じます。

良くゴルフも一緒にまわらせて頂きました。
普段は冗談や駄洒落の好きな方で、楽しいゴルフでした。
「市来君!そこ池やで!わかっとる?」
私が池に入れると、本当に嬉しそうに笑い、池に入れて悔しいはずの私も、思わず笑いを誘わせる、そんな人柄の方でした。

普段は楽しい方ですが、仕事は妥協の無い信念の人だったと思います。Tさんは生地部に所属し、私は製品部に定年までいましたので、仕事でご一緒する事は少なかったのですが、
話は良く伺いました。

その先輩Tさんが課長になりたての頃のエピソードです。

そのエピソードは私の友人で、今は良く一緒にゴルフをするYさんが登場します。

まだ20代半ばであったYは生地部で岐阜を担当していました。ミセス商品を一番良く売ると若い営業の中では注目されていました。しかし、彼が所属する課は儲かっていませんでした。ミセス素材を競争にさらされて安く売っていたからです。
儲からない課は潰されるか課長交代になります。
新しくやってきたT課長は従来のミセス素材でなく、少し若い新商品を企画し、皆に「この値で売って来てくれ」と販売させようとします。しかし、岐阜担当のYは岐阜のミセスの得意先しかありませんでしたので、「こんな商品は売れない」と文句を言います。新課長は「君だけは売らなくて良い!」と多少、感情的になります。
反抗していたYは、売らないで良いと言われて悔しかったのか、少し若い新商品を買ってくれる得意先を岐阜で必死に探します。
まもなく新商品を一番売ってくるのはYになりました。
新課長はYを褒め、実はと新商品の原価を教えます。それは従来とは比較にならないほどの高益率でした。
目から鱗のYは商売の極意を身に着けます。そして、自ら東京への販売を希望し、そのうち商品の企画に携わり、若いながら先輩に企画販売の指導をするようになります。驚くほど向上心の強いYは、いつの日か専務に、新課長は副社長になり、生地部の黄金時代を築きます。
T社の生地が独り勝ちと言われた所以は、こういった人達の「気概と執念」だったと思います。

儲からない集団を必ず儲ける集団にしてみせるという「気概と執念」のT新課長。それに触発されて、「お前は売らなくても良い」と言われ、意地でも売ってきてやるという反骨心旺盛なY青年の「気概と執念」。

私がいたT社時代の事を振り返りますと、「気概と執念」を持った人材が多くいたと思います。特に課長はほぼ全員、気概と執念を持った人材だったと思います。
持たざるを得なかったと言ったほうが正しいかもしれません。
時代が違いますので、当時の役員さんは大半が高卒の叩き上げ、大学卒もいましたが、
高卒の役員さんのほうが優秀であったように思います。
「経営は学歴でなく気概と執念」と言ったほうが良いかもしれません。
しかし、何故、T社に「気概と執念」を持った人材が多くいたのでしょう?

その理由の一つは「競争が人材を育てる」という経営者の信念だったと思います。

当時は名古屋本店と大阪支店を競争させ、意識的に同じ商品をやらせて競争させました。
大阪支店の中にも同じような課があり、課との競争をさせました。
営業は毎月、営業全員の販売目標と実績が全課に配布され
半期に一回、1番から200番まで順位を付けた販売実績表が全課に配布されます。
勿論、課の業績は毎月、全社に配布、名古屋の業績まで毎月きて刺激を受けていました。
業績が悪いと当然のように、何故悪いのかを説明し、
どうやって良くするのかを説明しなければなりません。

経営者は良い課の共通点、悪い課の共通点を上げて、課長を刺激します。
兎に角、会社に競争をあおる風土があり、いやおうなしに、
数字に対する執念を持たざるをえない雰囲気がありました。
その緊張感の中で頑張って、成長する営業もいますし、脱落する営業も出ます。
競争により社員が切磋琢磨し、「気概と執念」を持った人材が育つのも事実だと思います。

もう一つは課別独立採算制です。

この制度は課ですべてを完結するという考え方でした。
勿論、仕入れ、売上は課ごとに上げますが、経費は課の経費だけでなく、非営業の経費も各課に割り当てされます。
課が場所をどれだけ使っているかで場所代も割り当てされ、金利も割り当てされます。
課の実力が明確に業績に反映されるようにという課別独立採算制でした。
課長権限が大きくなりますが、責任も大きくなります。
課員の業績が悪いのも課長の責任ですし、経費や金利が増えるのも課長の責任です。
上手くいかないのは部長が悪いとか、課員が悪いとか言えない、自分が悪いのだという仕組みになっていました。
その制度の下で半期ごとの業績結果によりボーナスが支払われます。
業績により多い人もいれば、0(ゼロ)の人もいます。
当然、課長は売り上げを増やし、益率を上げ、経費を抑える方策を必死で実践することになります。
課長が必死になれば課員も必死になります。自ずと「気概と執念」の集団ができます。
.
私は亡き先輩Tさんから気概と執念の大事さを教えて頂きました。有り難うございました!!

「市来君!そこ天国、そっちは地獄やで!わかっとる?」

「はい、分かっていますけど、もう少しあとで…..」

Categories
キリコム お知らせ

画像切り抜き加工サービス「キリコム」の 夏のポイントキャンペーンを8/24から9/5までの期間限定で開催

株式会社インフォアイ(本社:東京都千代田区、代表取締役:背戸土井 貴之)は数多くのお客様から日々ご利用をいただいている画像切り抜き加工サービス「キリコム」の夏のポイントキャンペーンを2022年8月24日(水)から9月5日(月)まで開催いたします。

サービスサイト: https://kirikom.net/

企業サイト  : https://infoeye.com/

キリコム夏のポイントキャンペーン

(1) 実施内容と期間

画像切り抜き加工サービス「キリコム」ご利用ポイントをお得な価格でご提供
実施期間:2022年8月24日(水)~9月5日(月)

(2) ポイントご提供価格
ご購入は以下のA~Eのポイント数単位となります。
A. 1,000ポイント
ご提供価格 900円(税込)
B. 5,000ポイント
ご提供価格 4,500円(税込)
C. 10,000ポイント
ご提供価格 8,800円(税込)
D. 30,000ポイント
ご提供価格 26,200円(税込)
E. 50,000ポイント
ご提供価格 43,000円(税込)

※ キリコム作業時はすべて税抜価格にてポイントから相殺いたします。

(3) ご購入ページ
「ポイント制度・ご購入のご案内」ページ
https://kirikom.net/billing-point/

(4) キリコムについて
2002年の創業時より画像切り抜き加工サービス「キリコム」において多様な業界のお客様の画像切り抜き加工を通して主に物販(EC)の支援を行ってまいりました。
作業範囲はシンプルな背景処理にとどまらず、レザーの質感を残した配色替えや不要物の除去、各種レタッチなど多岐にわたります。

画像切り抜き加工サービス キリコム

(5) インフォアイについて
2002年の会社設立以来、日本とインドを拠点にアパレル業界向けソリューション構築・運営及び画像切り抜き加工サービスを提供しています。
今後は、ファッション業界に枠を広げ皆様のお役に立つソリューション構築を引き続き進めてまいります。

INFOEYE

【会社概要】
会社名:株式会社インフォアイ
所在地:東京都千代田区鍛治町1-10-6 BIZSMART神田503
代表者:代表取締役 背戸土井 貴之
設立 :2002年2月

【資格・認定】
アップルコンサルタントネットワーク

Claris FileMaker SBAパートナー

【事業内容】
ファッション業界向けソリューション構築・運営
画像切り抜き加工サービス(キリコム)

【お客様からのお問い合わせ先】
TEL : 03-5816-2522
Email: faq@kirinuki-ya.com

Categories
キリコム

文字削除・復元

不要な文字や不要な箇所を消去して、元の場所を復元したい!
ということございませんか?
キリコムでは、1文字29円(税抜)からご対応しています。
今回のりんご上の8文字の場合は 作業基本料金60円に加えて 以下のような料金となります。
(料金は 元の画像により変動します)

60円 + 8文字 x 29円 = 292円(税抜)

もちろん、1点からのご依頼もお待ちいたしております。

画像切り抜きサービス 切り抜き屋 キリコム
https://kirikom.net/